歯科治療で手に入れる強く丈夫な歯│美健デンタルガイダンス

歯科医師

歯を白くする治療

白い歯

タバコや飲み物が原因で黄ばむ

歯科治療の中でも、歯の黄ばみを取ることが出来るのがホワイトニングです。歯は、食べ物や飲み物、喫煙等が原因によって次第に黄ばんでいきます。特にコーヒーや紅茶などの着色しやすい飲み物を頻繁に飲む人は注意が必要でしょう。こうした飲み物よりも歯が黄ばみやすいと言われているのはやはりタバコです。喫煙することによって歯にタバコのヤニが付着してしまうのです。結果的に黄ばんだ歯になってしまうのです。そんな黄ばみを落とし、歯を白くする効果があるホワイトニングですが、オフィスホワイトニングやホームホワイトニング、セルフホワイトニングなど様々な種類があります。それぞれで治療の進め方が違ってくるので、自分のライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング

あらゆるホワイトニングの中でも、多くの歯科で取り入れられているのがオフィスホワイトニングです。この治療方法は、歯科に通院しながら歯を白くしていく方法となっています。オフィスホワイトニングの場合、ホームホワイトニングに比べるとスピーディに歯を白くすることができます。1回で効果が得られる人もいる程速攻性があるので、すぐに歯を白くしたいという人には向いているでしょう。それに対してホームホワイトニングは治療キットを歯科で購入し、自宅で治療を進めていく方法となっています。オフィスホワイトニングに比べると白さを実感するまでに時間はかかると言われています。しかし、その分白さが長いこと持続するのです。歯科に通う必要も無いので、なかなか歯科に足を運ぶ時間が無いという人に向いているでしょう。